脊椎の内視鏡手術

腰椎疾患に対する顕微鏡下手術は、安全で確立された方法です。

キズの大きさも1か所につき4cm弱と、決して大きくはないですが、手術でその部位の筋肉を切開する必要がありました。

私たちは、腰の手術に内視鏡を取り入れています。

内視鏡下 腰椎椎弓切除術

新しい内視鏡手術では、内視鏡の挿入のためのもの、手術操作のためのもの、計2か所の手術創部から手術を行います。 しかし、従来のように 背中の筋肉を大きく切開する必要がありません。 結果として 体への負担も少ないため、 術後のキズの痛みも減り、回復も早くなります。

キズの大きさ:1cm(2か所)   入院期間:1週間程度  です。

タイトルとURLをコピーしました