言語切り替え

脊椎疾患の手術治療

脊椎の病気には、どのような手術を行いますか?

手術は、体に負担もかかり、リスクも伴います。ですから殆どの患者様は、実際にいろいろな症状で困っていても、なるべく手術は受けたくない、と考えられるのではないでしょうか。

そのため私は、ブロック治療など、他に治療方法の選択肢をできるかぎり多く準備しています。実際に行っている治療は、このホームページに書いているとおりです。
しかし、手術以外では良くならない症状、状況は確かに存在しますので、
そのような場合には、手術を御相談致します。
 
私は、脳外科での手術経験を活かして

体に負担のかからないように、出来るだけ小さなキズで、

神経へ負担がかからないように顕微鏡を使っています。

腰の手術には、内視鏡を使い、より高倍率の画像で患部を確認しながら、より安全で体に負担のかからない治療を追求しています。結果として、手術のキズも小さくなります。

代表的なものを以下に説明します。

頚椎椎弓形成術

頚椎症性脊髄症など、頚椎で脊髄が圧迫されている状態を改善するための方法です。
椎弓の両側に溝を作って、片側に人工の骨を入れて椎弓を広げ、背中側から神経への圧迫を取り除きます。

キズの大きさ:4cm 入院期間:1週間程度  です。

頚椎前方除圧固定術

頚椎の椎間板ヘルニアや、骨棘(トゲのように飛び出て神経を押している骨)を削り、神経への圧迫を取り除きます。椎間板を外した後には隙間が出来るため、その中に人工の骨を入れます。人工骨を周りの骨と癒合させるために、手術の後しばらくは首にカラーを着けて動きを制限する必要があります。

手術のキズは3.5cm程度
頚椎椎間板ヘルニア。椎間板が飛び出して脊髄神経を圧迫している。

頚椎前方固定術を行った後の頚椎。椎間板が1か所で外され、代わりにチタンでできたインプラント(ケージ)が挿入されている。

キズの大きさ:4cm(右図の赤矢印) 

入院期間:1週間程度 です。

顕微鏡下腰椎椎弓部分切除術

腰の骨の一部を削り、黄色靱帯も一部を取り出して、神経への圧迫を取り除きます。

腰部脊柱管狭窄症 手術前

腰部脊柱管狭窄症手術後  手術により、骨の一部と黄色靱帯が削られ、神経への圧迫が解除されている

従来は顕微鏡で見ながらの手術を行っており、キズの大きさは3.5cm程度でした。

顕微鏡手術も安全で確立された方法ですが、私たちは、より体への負担を減らすべく内視鏡手術を取り入れています。