脊椎疾患 

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症が発生する原因は、加齢や、長年にわたる腰への負荷によるものです。椎間板の中の水分が減り、押しつぶされたような形に変形し、同時に椎体も形が変わって角が尖り(骨棘)、また黄色靭帯が厚くなります。結果として、前後から脊髄神経が圧迫されるようになります。長い間歩いたり立ったりすると太ももからふくらはぎにかけて痛みや痺れが出ます。自転車を運転したり、買い物カートを押しても痛みは出ません。
脊椎疾患 

腰椎椎間板ヘルニアとは

椎間板とは、椎体の間にはさまっている軟骨です。中心にゼリーのような芯(髄核)があり、その周囲を同心円状の軟骨(線維輪)が囲んだ作りになっています。椎間板ヘルニアとは、この椎間板が傷んでつぶれて髄核が飛び出し、腰椎の神経を圧迫している状態を指します。
脊椎疾患 

胸椎黄色靱帯骨化症

隣り同士の脊椎の椎弓を上下でつなぐ靱帯を黄色靱帯と呼びます。この黄色靱帯が分厚くなり、また骨のように固くなって神経を圧迫している状態を、黄色靱帯骨化症と呼びます。頚椎から腰椎まで脊椎全ての部位で発生しますが、特に胸椎において発生することが多いです。徐々に下半身がしびれてきたり、足に力が入らなくなり歩きにくくなります。
脊椎疾患 

変形性頚椎症とは

変形性頚椎症とは、年齢、または長年の負荷により変形した椎間板、椎体、黄色靭帯などが神経を圧迫している状態です。圧迫がある程度の限度を超えると、指の痺れ、細かい作業が難しい (ボタン掛け、箸の使用が出来ない)、歩きにくい、 などの脊髄症が見られたり、肩から腕、手の指にかけて、電気が走るような痺れや痛みなどの神経根症が見られます。
脊椎内視鏡手術

腰部脊柱管狭窄症の日帰り手術 内視鏡下椎弓形成術(切除術)

主に腰部脊柱管狭窄症の患者さんに対して行います。6mm, 8mmのキズ(計2ヵ所)を通して行います。内視鏡で拡大して観察しながら、椎弓を手術用ドリルなどで削って、神経への圧迫を取り除きます。手術時間は1か所につき1時間程度です。手術の2時間後には歩くことが出来ます。体に負担の少ない手術方法のため、重い持病が無ければ高齢の方(80-90台の方)でも十分に可能です。手術後2,3日程度入院される方が多いですが、キズの痛みが軽く、歩ける状態であれば退院できます。病状によっては日帰り手術も御相談します。
脊椎内視鏡手術

腰椎椎間板ヘルニアの日帰り手術  内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術

内視鏡で確認しながら、腰椎椎間板ヘルニアを摘出します。全身麻酔で行います。キズは2ヵ所で各々6mm, 8mmです。手術の2時間後から歩いて頂きます。
脊椎疾患に対する手術治療

頚椎前方固定術

全身麻酔で行います。頚椎の椎間板ヘルニアや、骨棘(トゲのように飛び出て神経を押している骨)を削り、神経への圧迫を取り除きます。椎間板を外した後には隙間が出来ますが、その中にケージと呼ばれる人工の骨を入れます。
脊椎疾患に対する手術治療

頚椎椎弓形成術

全身麻酔で行います。後頚部に3-4cm程度の切開を置き、下にある筋肉も正中で切開し、椎弓を露出させます。椎弓に幅20mmくらいで溝を2本作製し、片側に持ち上げ、その下にスペーサーと呼ばれるインプラントを留置して、脊髄の後ろ側にスキマを作り、圧迫を取り除きます。
脊椎疾患 

せぼねの病気(脊椎疾患)

せぼね(脊椎)には、どのような疾患(病気)が多いですか? 脊椎は年齢による変化や、過度の負担など、様々な原因で変形します。 特に変形しやすいのが、頚椎(首)と腰椎(腰)です。 各々について、特によく見られる疾患は...
神経による痛み、痺れ

末梢神経による痛み・しびれ

手足のしびれ、痛みの原因として、脊髄の神経への圧迫の他に、末梢神経(脊髄から枝分かれした後の神経)が原因になることもあります。 日常的によく見られる神経(圧迫されやすい神経)と、その時の症状について説明します。特に障害さ...