脊椎疾患 

far out 症候群

far out 症候群の説明
ブロック治療

正中神経ブロック

(適応) 手根管症候群による手指の痛み・しびれに対する治療として用います。 (方法) エコーで正中神経の位置を確認しながら、正中神経の傍から手根管の奥に向かって麻酔薬を注射します。 所要...
ブロック治療

腰椎神経根ブロック

適応 腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア等による痛みの治療に行います。 方法 腰の神経根の近くへ麻酔薬を注射します。高解像度の透視装置(血管撮影装置、SIEMENS社製)で腰椎を撮影しながら行います。 鮮...
ブロック治療

(経椎間孔) 頚椎硬膜外ブロック

(適応) 頚椎症性脊髄症による痛み、しびれに対して行います。 (方法) 頚椎の脊柱管内への直接の注射はやや危険なので、胸椎の椎間孔から注射し、頚椎へ薬を流します。 赤矢印:脊柱管内へ注入された薬液 所要時間:...
ブロック治療

坐骨神経ブロック

坐骨神経ブロックの方法 
ブロック治療

頚椎神経根ブロック

(適応) 頚椎症、頚椎椎間板ヘルニアなどによる、神経根症状(肩から腕の痛み、痺れ)に対して行います。 (方法) エコーで神経の位置を確認しながら注射を行います。 エコーで確認しながら、神経の近くに薬を注...
脊椎疾患 

腰椎椎間孔狭窄症

脊髄神経は、脊柱管の中で神経の枝(神経根)に枝分かれします。神経根は、骨の窓(椎間孔)を通って外へ出て行きます。その窓の部分が狭くなって神経の枝が締め付けられる病気を、腰椎椎間孔狭窄症といいます。腰部脊柱管狭窄症と同じような症状が見られます。足が痛む側に体を傾けると、痛みがひどくなる場合もあります。これは、体の姿勢を変えることで椎間孔が一層狭くなり、神経根が圧迫されることが原因です。
脊椎疾患 

腰椎すべり症

原因 腰の骨の間にある軟骨(椎間板)だけでなく、腰の骨の前後にある靱帯や関節なども変形することで、骨や靱帯が支えとして十分に働かなくなります。すると、腰の骨が前後にずれるので、脊柱管が狭くなります。この、腰の骨が前後にずれた状態を腰...
脊椎疾患 

頚椎椎間板ヘルニア

椎間板とは、椎体の間にはさまっている軟骨です。中心にゼリーのような芯(髄核)があり、その周囲を同心円状の軟骨(線維輪)が囲んだ作りになっています。頚椎椎間板ヘルニアとは、この椎間板が傷んでつぶれて髄核が飛び出し、頚椎レベルの神経を圧迫している状態を指します。
脊椎疾患 

頚椎後縦靭帯骨化症

(原因) せぼねのうち、柱になっている部分(椎体)の後ろ側には、椎体同士をつないでいる靱帯があり、これを後縦靭帯といいます。 この後縦靭帯が厚い骨になり、神経を圧迫している状態を、後縦靭帯骨化症と呼びます。 首から腰まで...