腰部脊柱管狭窄症

脊椎内視鏡手術

脊椎内視鏡手術の費用について

内視鏡下椎弓形成術(1椎間)および内視鏡下椎間板摘出術(1か所)の費用の概算は、7泊8日入院、3割負担で約18万円です。70歳以上の方は、1割または2割負担(一定以上の所得者は3割)となります。高額医療費制度を利用すれば、年収に応じて負担額が変わります。
腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症で やってはいけないことは?

腰部脊柱管狭窄症と診断された場合、腰を強く反らす、背屈する方向の運動はあまりしない方が良いでしょう。歩くことは下肢筋力や腰椎支持力を維持するために重要で、翌日痛みが増強しない程度に毎日歩くのが望ましいです。神経への圧迫をある程度減らすため、前傾姿勢をとる、杖やシルバーカーを利用するなどの方法で、こまめに休息をとりながら歩くなど、腰に負担をかけすぎないよう工夫するのが良いでしょう。
脊椎内視鏡手術

脊椎内視鏡手術 入院から退院まで

脊椎内視鏡手術の一般的な入院経過を説明します。手術前日に入院、当日に手術を行い、その2時間後から歩いて頂き尿道カテーテルは抜きます。夕食は召し上がって頂きます。翌日にドレーンを抜き、一般病室へ戻ります。退院の日程は、患者さんごとに相談致しますが、状態によっては日帰り手術も可能です。
脊椎疾患 

腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアとの違い

椎間板ヘルニアとは、骨の間にある軟骨が飛び出てきた状態です。若い方で、初期には腰痛、その後には左右どちらか片足の痛みで、突然激しい痛みが出ることが多いです。 脊柱管狭窄症は、椎間板だけではなく、骨棘や、神経の後ろ側にある黄色靱帯という膜も経を圧迫している状態です。高齢者で、長い間立ったり歩いたりすると足が痛んだり、痺れるようになり、座って休むと改善します。自転車を運転しても症状が出ません。
脊椎疾患 

腰部脊柱管狭窄症とは

腰部脊柱管狭窄症が発生する原因は、加齢や、長年にわたる腰への負荷によるものです。椎間板の中の水分が減り、押しつぶされたような形に変形し、同時に椎体も形が変わって角が尖り(骨棘)、また黄色靭帯が厚くなります。結果として、前後から脊髄神経が圧迫されるようになります。長い間歩いたり立ったりすると太ももからふくらはぎにかけて痛みや痺れが出ます。自転車を運転したり、買い物カートを押しても痛みは出ません。
脊椎内視鏡手術

脊椎内視鏡手術① 内視鏡下椎弓形成術(切除術)

主に腰部脊柱管狭窄症の患者さんに対して行います。6mm, 8mmのキズ(計2ヵ所)を通して行います。内視鏡で拡大して観察しながら、椎弓を手術用ドリルなどで削って、神経への圧迫を取り除きます。手術時間は1か所につき1時間程度です。手術の2時間後には歩くことが出来ます。体に負担の少ない手術方法のため、重い持病が無ければ高齢の方(80-90台の方)でも十分に可能です。手術後2,3日程度入院される方が多いですが、キズの痛みが軽く、歩ける状態であれば退院できます。病状によっては日帰り手術も御相談します。
脊椎内視鏡手術

腰椎手術における従来の方法と顕微鏡下手術、内視鏡手術の違い

当院の脊椎内視鏡手術では、手術のキズの大きさは8mm程度で、2ヵ所あります。片方から内視鏡を、もう片方から手術器具を挿入して手術を行います。筋肉の剥離範囲が小さく抑えられるため術後の痛みが少なく、手術2時間後から歩いてもらえます。