脊髄神経・末梢神経の痛みに対するブロック治療

薬を飲む以外には、どのような治療法があるでしょうか?

痛みや痺れが主な症状であれば、まず神経痛に効果のある薬を処方します。
それでも効果が不十分な場合には、漢方薬などを追加します。
薬で効果が不十分な場合、痛みを取るための方法として、ブロック治療があります。
ブロック治療にも様々な種類のものがありますが、レントゲン透視やエコー機器を使って目的の神経のすぐ近くでピンポイントに行う方法がより効果的です。

これらのブロック治療を行うことで、痛みや痺れが取れ、手術やさらには薬の内服も必要がなくなる方が数多くおられます。

腰椎神経根ブロック

腰の神経根の近くへ麻酔薬を注射します。
高解像度の透視装置(血管撮影装置、SIEMENS社製)で腰椎を撮影しながら行います。
鮮明な画像で確認することで、より安全かつ効果的に痛みを和らげることが可能です。
以前は神経に直接針を当てる方法が主流でしたが、かなり激しい痛みを伴うことがありました。現在は、針を当てずに神経のすぐ際に薬液を注射する方法で、安全に十分な鎮痛効果を得られます。
腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニア等による痛みの治療に行います。

所要時間は10分程度です。注射の後に20-30分程度ベッドの上で休んで頂きます。

(経椎間孔) 頚椎硬膜外ブロック

(矢印:神経根および硬膜外)

頚椎症性脊髄症による痛み、しびれに対して行います。
頚椎の脊柱管内への直接の注射はやや危険なので、胸椎の椎間孔から注射し、頚椎へ薬を流します。

所要時間は10分程度です。注射の後に20-30分程度ベッドの上で休んで頂きます。

頚椎神経根ブロック

(*神経根、矢印:注射)


エコーで神経の位置を確認しながら注射を行います。
特に頚椎では、神経の近くを通って脳へ流れる椎骨動脈という血管があるので注意が必要ですが、エコーを使うと血管がはっきりと映るため、より安全です
頚椎椎間板ヘルニア、および頚椎症による痛みの治療で行います。

所要時間は5分程度です。注射の後に15分程度 ソファー の上で休んで頂きます。

正中神経ブロック

正中神経をエコーで確認し、近くに注射

黄矢印:正中神経

エコーで正中神経の位置を確認しながら、正中神経の傍から手根管の奥に向かって麻酔薬を注射します。手根管症候群による手指の痛み・しびれに対する治療として用います。

所要時間は5分程度です。注射の後に15分程度 ソファー の上で休んで頂きます。

坐骨神経ブロック

(赤:坐骨神経 黄:梨状筋)

エコーで、おしりの筋肉(梨状筋)の奥にある坐骨神経を確認し、神経の近くに痛み止めの注射を行う方法です。高解像度のエコーを使い、より安全で効果的に治療を行っています。梨状筋症候群の診断および治療で行います。

所要時間は10分程度です。注射の後に15分程度、ソファーの上で休んで頂きます。

ブロック注射にリスクはありませんか?

ブロック注射の多くは、神経のすぐ近くに麻酔薬を注射するため、神経を注射針で傷つける危険性がわずかにあります。我々は、 ブロック注射の安全性を最大限に高めるため、カテーテル治療で使われる高解像度の透視装置や、最新型の超音波機器を使用しています。この数年で神経損傷の合併症はありませんでした。

ただし、運動神経に麻酔薬が作用することで、ブロックの後に一時的に手足の力が入りにくくなることはあります。 これは、麻酔薬が神経に有効に作用している証拠でもあり、ほとんどの場合は30分から1時間程度で軽くなります。