脊椎内視鏡手術 入院から退院まで

脊椎内視鏡手術を行う患者さんの、入院から退院までの一般的なスケジュールについて説明します。

schedule

手術前日 

 入院 食事は夕食まで可能、飲水は午前0時まで可能です。

 抗凝固剤などを内服されている方は、手術の数日前から入院頂く場合もあります。

手術当日  

 準備 

 術衣へ着替え、点滴を済ませて、手術室へストレッチャーで向かいます。

 手術 

 手術を行います。

 手術後 

 集中治療室に帰ります。

2時間後に状態を確認し、問題なければ、歩いて頂きます。トイレまで歩いて頂けるので、不要になった尿道カテーテルを抜去します。

おなかの動きを確認してから、食事は夕食から可能です。

手術翌日 

ドレーン(キズに入っている管)を抜きます。一般病室へ戻ります。

その後 退院の日程は、患者さんの病状に応じて随時相談します。

2-3日で退院される方が多いですが、手術の2時間後に歩ける状態で、患者様の御希望があれば、当日の退院(つまり日帰り手術)も検討いたします

職場復帰

1-2週間後から復帰が可能です。

ただし、腰に負担のかからない姿勢、動作に気を付けて頂くことが条件です。