腰椎すべり症

原因

腰の骨の間にある軟骨(椎間板)だけでなく、腰の骨の前後にある靱帯や関節なども変形することで、骨や靱帯が支えとして十分に働かなくなります。すると、腰の骨が前後にずれるので、脊柱管が狭くなります。この、腰の骨が前後にずれた状態を腰椎すべり症といいます。

正常の腰椎を横から見た図。
腰椎すべり症患者の腰椎。腰が前後にずれていて、椎体、椎間板、黄色靱帯などで神経が圧迫されている

症状

慢性的に腰の骨や椎間板、黄色靭帯などによって神経が圧迫され、腰部脊柱管狭窄症と同じような症状が見られます。

ある程度の距離を歩くと足が痛んだり、しびれるようになります。しかし、自転車ではいくらでも移動できる、買い物カートを押しているといくら歩いても痛くない、などの症状があります。腰痛が強い場合もあります。

診断、検査

間欠性跛行などの典型的な症状が無いか、問診の段階で確認します。

足の筋力低下、感覚障害などがないか、診察の段階で確認します。

腰のレントゲン、CT、MRI検査などで診断しますが、画像検査の中心となるのはMRIです。

治療

1.内服治療

神経障害性疼痛(神経が原因の痛み)に対する薬、神経への血流を増やして症状を改善させる薬、ビタミン剤などがあります。

2.ブロック治療

透視装置で確認しながら、腰椎神経根ブロックを行います。

3.手術治療

ほとんどの場合には内視鏡下椎弓切除術を行います。

腰椎の前後方向のずれが強い場合には、ボルトなどで腰椎の骨同士を固定する方法(腰椎固定術)を検討します。