腰椎椎間孔狭窄症

原因

脊髄神経は、脊柱管の中で神経の枝(神経根)に枝分かれします。神経根は、骨の窓(椎間孔)を通って外へ出て行きます。

その窓が狭くなって神経の枝が締め付けられる病気を、椎間孔狭窄症といいます。

椎間板が左右どちらか、片側だけつぶされたような形になる。

つぶされた側の椎間板が背中側へ膨隆する。

黄色靱帯が厚くなる。

椎間関節や椎体などの骨が変形する。

以上のような変形が原因で、椎間孔が狭くなります。

正常の腰椎および椎間孔

神経根の周りにはスキマがある。

椎間孔狭窄 神経根が骨棘などで圧迫されている。

症状

腰部脊柱管狭窄症と症状がよく似ています。

ある程度の距離を歩く、ある程度の時間だけ立つ、または立って腰を反り返るなどの動きによって、足が痛んだり、しびれるようになります。

足が痛む側に体を傾けると、痛みがひどくなる場合もあります。これは、体の姿勢を変えることで椎間孔が一層狭くなり、神経根が圧迫されることが原因です。

pain with waling

診断

MRIだけでは診断が難しいことも多いので、見逃されることが多々あります。特に、腰部脊柱管狭窄症という診断で手術を受けたけれども症状があまりよくならない方が、実はこの病気だった、ということがあります。痛みの範囲を詳しく問診するだけでなく、神経根ブロックも追加して、症状と圧迫されている神経が一致するかどうかを診断の際に参考にしています。

治療

内服やブロック注射などの治療で効果が十分でない場合には、手術を検討します。

内視鏡で確認しながら、狭くなった椎間孔を拡大する手術を行います。