(経椎間孔) 頚椎硬膜外ブロック

(適応)

頚椎症性脊髄症による痛み、しびれに対して行います。

(方法)


頚椎の脊柱管内への直接の注射はやや危険なので、胸椎の椎間孔から注射し、頚椎へ薬を流します。

赤矢印:脊柱管内へ注入された薬液

所要時間:10分程度

安静時間:注射の後、20-30分