頚椎椎間板ヘルニア

原因

椎間板とは、脊椎の骨の間にある、クッションの役割をしている軟骨ですが、この椎間板が傷んでつぶれ、中身(髄核組織)が飛び出して、頚髄や神経根を圧迫している状態です。

正常の頚椎を横から見た図。
椎間板ヘルニア患者の頚椎を輪切りにした図。

椎間板は左右どちらかに突出して神経根(神経の枝)を圧迫することが多い

飛び出した椎間板が脊髄を圧迫している

症状

神経根(神経の枝)が圧迫された場合には、首の後ろ側の痛み、肩甲骨の内側の痛み、肩から腕・指にかけての痛み、首を後ろに曲げると腕や手が痛い、などの症状が見られます。

神経の束の部分(脊髄)が圧迫された場合には、手指の痺れ、細かい作業が難しい (ボタン掛け、箸の使用)、歩きにくくなる、 などの症状が見られます。

治療

1.薬物療法

症状が痛みや痺れだけの場合には、まず内服治療を行います。

鎮痛剤、神経障害性疼痛(神経が原因での痛み)に効果のある薬、ビタミン剤などを処方します。

2.ブロック治療

頚椎神経根ブロック

神経根の症状が出ている患者さんに対して行います。

エコーで神経の枝(神経根)を確認しながら、その近くに麻酔薬を注射します。

詳しくはこちら

3.手術治療

薬物療法やブロック治療などで痛みや痺れが治まらない場合や、筋力低下が見られる場合などには、手術を相談します。

首の後ろ側から行う頚椎椎弓形成術、内視鏡下椎間孔開放術、首の前の方から行う頚椎前方固定術、等があります。

病状に合わせて方法を相談致します。