腰部脊柱管狭窄症とは

原因

腰部脊柱管狭窄症が生じる原因は、加齢や、長年にわたる腰への負荷です。椎間板は徐々に中の水分が減り、押しつぶされたような形に変形しますが、それと共に椎体も形が変わって角が尖ってきます。すると、同時に黄色靭帯が厚くなります。結果として、椎間板や椎体、黄色靭帯などによって前後から脊髄神経が圧迫されるようになります。すると、神経への血流が障害されるため、神経に浮腫や変性が起こり、痛みや痺れが出るようになります。

正常の腰椎を側面から見た図
腰部脊柱管狭窄症の腰椎を側面から見た図。骨棘や椎間板、黄色靱帯などにより神経が圧迫されている。

加齢の要素が強いので、多くは中年以降に発症し、年齢が高くなるほど患者さんは多くなります。

部位は、L4/5に多く見られます。


(症状)

神経への圧迫が、ある限度を超えると、足に痛みや痺れが出るようになります。

立ったり歩いたりすると腰から足が痛んだり痺れたりしますが、止まって休むと和らぐため、休憩しながらでないと歩けなくなります。これを間欠性跛行といいます。

一方で、自転車に乗ったり買い物カートを押しながら歩いても、足の痺れ・痛みは出ません。

逆に、立ったり歩いたりすると、腰が進展し脊柱管が狭くなるので、神経への圧迫が増強するため、症状が誘発される、または悪化します。

神経が圧迫される部位によって、3つのタイプがあります。

足の痛みや痺れが出る
pain with waling
立ったり歩いたりすると悪化する
自転車に乗る、買い物カートを押す、等では症状が出ない

これは、自転車に乗ったり買い物カートを押す時には、前かがみの姿勢になり脊柱管が広がるため、神経への圧迫が和らぐためです。

圧迫の部位と症状

圧迫される部位によって3種類に分類され、症状の出方も異なります。

馬尾型

脊柱管の中心が狭くなって馬尾神経が圧迫されるものを「馬尾型」といいます。

両足の痺れ、だるさ、等のほかに、残尿感や便秘などの排便・排尿障害が見られます。


神経根型

脊柱管の中心ではなく外側が狭くなり、神経の枝(神経根)が圧迫されるものを「神経根型」といいます。

足の痛みが主な症状です。片側に出ることもあれば、両足に出る場合もあります。

混合型

馬尾型と神経根型の両方が合わさったものを「混合型」と呼びます。

足の痛みと、排便・排尿障害の両方が出現します。

診断、検査

間欠性跛行などの典型的な症状が無いか、問診の段階で確認します。

足の筋力低下、感覚障害などがないか、診察の段階で確認します。

腰のレントゲン、CT、MRI検査などで診断します。画像検査の中心となるのはMRIです。

治療

1.内服治療

神経障害性疼痛(神経が原因の痛み)に対する薬、神経への血流を増やして症状を改善させる薬、等があります。

2.ブロック治療

透視装置で確認しながら、腰椎神経根ブロックを行います。

3.手術治療

ほとんどの場合には脊椎内視鏡手術で、骨を一部削って圧迫を取り除きます

腰椎が前後にぐらついて不安定な場合には、腰椎後方固定術を検討します。