腰椎椎間板ヘルニアとは

椎間板とは

椎間板とは、椎体の間にはさまっている軟骨です。中心にゼリーのような芯(髄核)があり、その周囲を同心円状の軟骨(繊維輪)が囲んだ作りになっています。

腰椎、椎間板を輪切りにした図
腰椎を横からみた図

原因

年齢を重ねると、椎間板の中の髄核の水分が徐々に減少します。一方で、長年の負担で椎間板の弾力が徐々に失われます。そのような変化が蓄積した結果、髄核が線維輪を突き破って飛び出し、腰椎の神経を圧迫している状態を、椎間板ヘルニアと言います。

椎間板が飛び出し、神経を圧迫している

20代から40代の方に多いです。

長い時間座った状態での仕事、重いものを持つ、前かがみの状態での作業、などが影響します。

遺伝的な要因も報告されており、椎間板ヘルニアの発生に関与する複数の遺伝子が知られています。

症状

椎間板がわずかに飛び出た状態、つまり初期の症状は腰痛だけです。

ヘルニアが進行、つまり椎間板が突出するに従い、神経を圧迫するようになり、お尻から足にかけて痛むようになります。

これはいわゆる坐骨神経痛ですが、圧迫される神経が何番目かによって、痛みを感じる部位が変わります。(詳しくはこちら

発生部位による違い

正中型ヘルニア

ヘルニアが真ん中へ飛び出すと、馬尾神経が圧迫され、左右両方で足が痛むようになります。

傍正中型ヘルニア

ヘルニアが真ん中よりやや外側に突出すると、神経根を圧迫するので、腰痛に加えて、片方の足の痛みや痺れが見られます。

外側型ヘルニア

神経根が脊柱管の外側で圧迫されると、足により強い痛みが出るようになります。

診断・検査

レントゲンやCT、MRI検査などを行います。

飛び出た椎間板をはっきりと確認できるのはMRI検査です。

治療

1.内服治療

神経障害性疼痛(神経が原因の痛み)に対する薬、消炎鎮痛剤(いわゆる痛み止めです)、神経への血流を増やして症状を改善させる薬、等があります。

2.ブロック治療

透視装置で確認しながら、腰椎神経根ブロックを行います。

3.手術治療

椎間板ヘルニアの患者は、内服やブロック治療などの保存治療によって、8割以上の割合で症状が改善します。

しかし、保存治療で症状が良くならない患者、足の運動麻痺が見られている患者、排尿障害などの馬尾症状が見られる患者では、手術を検討します。

我々の病院では、主に内視鏡下ヘルニア摘出術を行います。