頚椎前方固定術

(適応疾患)

頚椎椎間板ヘルニア頚椎症性脊髄症頚椎後縦靭帯骨化症などの疾患で、脊髄への圧迫が前方から強い場合に行います。

(方法)

頚椎の椎間板ヘルニアや、骨棘(トゲのように飛び出て神経を押している骨)を削り、神経への圧迫を取り除く手術です。

椎間板を外した後には隙間が出来るため、その中に、ケージと呼ばれる人工の骨を入れます。

椎間板だけでなく、椎体(背骨の柱の部分)も削り、その中へ大きめのインプラントを挿入することもあります。

頚椎椎間板ヘルニアを横から見た図。
椎間板が飛び出して脊髄神経を圧迫している。

頚椎前方固定術を行った後の頚椎。椎間板が1か所で除去され、代わりにインプラント(ケージ)が挿入されている。
手術のキズは3.5cm程度

手術時間:1椎間で1.5-2時間程度

キズの大きさ:3.5-4cm程度(1椎間の場合) 

入院期間:10日間程度

手術後の社会復帰:3-4週間程度 です。

人工の骨を周りの骨と癒合させるために、手術の後しばらくは首にカラー(首に対するギブスのような、固い装具)を着けて動きを制限する必要があります。手術後、最短でも1カ月は装着が必要です。

(合併症)

頚椎の前側には、気管や食道などがありますので、実際の手術では食道や気管の損傷、嚥下障害、感染、脊髄神経の損傷、などのリスクがあります。