せぼねのつくり(脊椎の解剖)

首のほね(頚椎)と神経

首のほね(頚椎)と、こしぼね(腰椎)を簡単に書くと下のようになります。

 正常の頚椎を横からみた図
 正常の頚椎を輪切りにした図

ブロック状の骨(椎体)と、クッションとなる軟骨 (椎間板)が重なって、柱のようになっています。その後ろに骨の輪(脊柱管)があり、中に神経の束(脊髄)が入っています。各々の骨の段ごとに、神経の束から左右2本ずつ神経の枝(神経根)が生えています。

こしぼね(腰椎)と神経

首も腰も基本的な造りは同じです 。

 正常の腰椎を横から見た図
 正常の腰椎を輪切りにした図

ブロック状の骨(椎体)と、クッションとなる軟骨 (椎間板)が重なって、柱のようになっています。その後ろに骨の輪(脊柱管)があり、中に神経の束(脊髄)が入っています。各々の骨の段ごとに、神経の束から左右2本ずつ神経の枝(神経根)が生えています。

首よりも腰の方が下の方にあり負担がかかるため、骨は太く厚みがある、等の違いがあります。

いろいろな原因によって、神経の束(脊髄)や神経の枝(神経根)がある程度以上に圧迫されるようになると、腕から手、または腰から足にかけて、痛んだり痺れたり、または力が入りにくい、等の症状が出るようになります。