本文へスキップ

肩から手、腰から足の痺れ、腰痛でお悩みの方へ 

 外来のご予約・お問い合わせは  大阪脳神経外科病院
              TEL.06-6333-0080


 

脊髄神経による痛み・しびれ

脊髄の神経が障害されると、どのような症状が出ますか?

大まかに分けますと、
頚椎:肩から手・指にかけての痺れや痛み、指先に力が入りにくい、
腰椎:腰から足にかけての痛み・痺れ、足に力が入りにくい

のようになります。

実際は、神経が圧迫されることによる症状は、頚椎及び腰椎で、骨の一段ごとに違います
具体的に痛み・痺れる範囲や、力の入りにくい動作などを、神経が圧迫される場所ごとに書きますと、下の図のようになります。特に障害されやすい神経を選んで書いています。赤で囲った範囲は、痺れや痛みを感じる場所です。
同じような痛み・痺れ・脱力などでお悩みの方は、原因が脊髄の神経かもしれません。
いくつか当てはまる方は、一度診察を受けられることをお勧めします



<頚椎>


神経の束(頚髄)の症状













□指先がしびれる

□ものをつまみにくい

□箸を使いにくい

□ボタンを留めにくい

□ペンで字を書きにくい      

□歩きにくい

□階段を上がりにくい

□小さな段差でつまづきやすい

□足が突っ張った感じで歩きにくい


神経の枝(神経根)の症状


□首を後に傾けると腕から手の痛み・しびれが強くなる

□手を挙げていると腕から手の痛み・しびれが楽になる






5
番目の神経の枝(C5)の症状



□肩からの腕の外側にかけての痛み・しびれ

□肩が上げにくい

□肘を曲げにくい

 







6番目の神経の枝(C6)の症状



□手首を反りにくい

□肩から上腕、親指と人差し指にかけて痛む・しびれる








7番目の神経の枝(C7)の症状





 □肘を伸ばしにくい

 □腕から中指にかけて痛む・しびれる












8番目の神経の枝(C8)の症状



 □腕から小指にかけて痛む・しびれる

 □手の指を伸ばしにくい

 □ペットボトルのフタを締めにくい







<腰椎>

4番目の神経の枝(L4)の症状



 □股関節の近くが痛い(股関節を動かしても痛くならない)

 □太ももの前側、ふくらはぎの内側が痛い

 □膝の力が抜けることがある







5
番目の神経の枝(L5)の症状


□太ももからふくらはぎの外側が痛い

□つま先をあげにくい
(スリッパが脱げやすい、細かいものにつまづきやすい、など)











下の神経(S1)の枝の症状




□太ももからふくらはぎの裏側が痛い

□ふくらはぎに力が入りにくい
 (足を蹴り出しにくい、階段を上がりにくい)








大阪脳神経外科病院肩から手、腰から足の痺れ、腰痛でお悩みの方へ  脊椎外科医 芳村憲泰のホームページ

外来予約は
大阪府豊中市庄内宝町2-6-23
大阪脳神経外科病院
TEL 06-6333-0080