本文へスキップ

肩から手、腰から足の痺れ、腰痛でお悩みの方へ 

 外来のご予約・お問い合わせは  大阪脳神経外科病院
              TEL.06-6333-0080


 

 肩こりに対する運動療法

肩こりに悩んでいますが、どのような運動をするべきでしょうか?

肩こりとは、首の後ろから肩にかけての筋肉の緊張、疲労によって起こる、痛み、だるさ、違和感などです。

肩こりに対する運動療法では、筋肉の緊張を減らすための運動を行います。

具体的には、
@筋肉に負担のかからないように姿勢を変える、又は姿勢を維持する。
A負荷に耐えられるように、筋力を上げる。
B筋肉をストレッチする
などです。

以下に、自宅で手軽にできる運動を御紹介します。

簡単なものばかりで、おそらく以前にごらんになったことがあると思います。

しかし、運動は、知っているだけでなく実際に行う、しかも根気よく続けることが大事です。
肩こりでお悩みの方は、無理をせず、痛みを感じない範囲で、毎日続けてください。

首の運動

 
@顔は正面を向いたままで、下あごに手をあてる。
Aあごを後ろ側へ軽く押す。1回につき、20秒ほど続ける



     

@顔を正面へ向けてリラックスする。
A肩をすくめる。1回につき、20秒ほど続ける。



首のストレッチ
  
@顔を正面に向けた状態で、下あごに手を当て、顔を上へ向け、首の前側を伸ばす。
A手を頭の後ろに当て、顔を下へ向け、首の後ろ側を伸ばす。



  

@顔を正面に向けた状態で、頭に手を当て、首を横へ傾け、首の側面を伸ばす。
A反対側も同じようにする。



大阪脳神経外科病院肩から手、腰から足の痺れ、腰痛でお悩みの方へ  脊椎外科医 芳村憲泰のホームページ

外来予約は
大阪府豊中市庄内宝町2-6-23
大阪脳神経外科病院
TEL 06-6333-0080